花の詩vol.45『イチョウ』(イチョウ科)

 イチョウは中国原産の落葉高木です。世界最古の現生樹種の一つとされ、「生きた化石」とも呼ばれます。

 

 生長が早く、強い剪定をしても大丈夫な点や、燃えにくく大気汚染にも強いなど、街路樹や公園植栽として求められる性質を兼ね備えています。

 

 そのためイチョウは、日本全国幅広く植えられています。

続きを読む

ユニフォームが新しくなりました!!!

 弊社のユニフォームが新しくなりました!

 

 より爽やかな服装で、これからも皆様に安らぎをお届けできるよう、邁進してまいります。

続きを読む

花の詩vol.44『ツワブキ』(キク科)

 ツワブキは、キク科ツワブキ属の常緑多年草です。海沿いの草原や崖などに自生しています。

 

 丸くてつやのある、フキのような葉が特徴的です。

 

 古くから庭に用いられてきたツワブキですが、好まれる理由がいくつかあります。

 

 まずは、日陰でもよく育つという点です。高木の真下などに植えても、元気に生育します。

 

続きを読む

花の詩vol.43『ハギ』(マメ科)

 ハギはマメ科の落葉低木で、秋の七草のひとつです。分布は種類にもよりますが、日本のほぼ全域に自生します。

 

 背の低い落葉低木ではありますが、木本とは言い難い面もあります。

 

 茎は木質化して固くなりますが、年々太くなって伸びるようなことはなく、根元から新しい芽が毎年出ます。直立せず、先端はやや枝垂れます。

続きを読む

花の詩vol.42『ネジバナ』(ラン科)

 ネジバナはラン科ネジバナ属の小型の多年草です。漢字では「捩花」と書きます。また、別名を「モジズリ(綟摺)」といいます。

 

 ネジバナは日当たりが良い芝生地や、背の低い草地でよく見られる身近な植物です。

続きを読む

花の詩vol.41『タケ』(イネ科)

 皆さんご存じの通り、7月7日は七夕です。七夕にはタケ・ササに願い事を書いた短冊をつけた、いわゆる『笹飾り』をするのが習わしとなっています(笹飾り、と呼ばれますが、タケでも問題はないようです。)

 

 タケ・ササはどちらもイネ科タケ亜科に属します。

 

 一般的には背の高くなるものをタケ、小さなものをササと区別することが多いですが、植物学的には以下の違いで区別するそうです。

続きを読む

花の詩vol.40『ベニバナ』(キク科)

 

 ベニバナは、キク科ベニバナ属の一年草、もしくは越年草です。

 

 原産地は特定されていないようで、アフリカのエチオピア、エジプトなど諸説あるようです。

 

  日本には6世紀ごろ、シルクロードを経由し渡来しました。

 

 

 

続きを読む

花の詩vol.39『フジ』(マメ科)

 フジはマメ科のつる性落葉樹です。

 

  垂れ下がった穂のような花序に、紫や白、ピンク色の花をつけます。

 

 柔らかな、どこか女性的な美しさを感じさせる花です。

 

続きを読む

花の詩vol.38『スミレ』(スミレ科)

~春の野にすみれ摘みにと来し我そ 野をなつかしみ一夜寝にける~ (万葉集・山部赤人)

 

 春の野原へすみれを摘みに来た私だが、その場への親しみを感じてしまい、つい一夜を明かしてしまったなぁ

 

 

「一夜を明かした」とありますが、実際に野原で一晩寝たわけではありません。山部赤人が、儚げに咲くスミレの姿を見て「それほどこの野原に親しみを感じた」という誇張表現のようです。

続きを読む

代表取締役交代のお知らせ

2020年4月3日付けで、 代表取締役 石山 和史 が退任し、後任として 石山 史生 が代表取締役に就任いたしました。

今後とも、なお一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

代表取締役 石山 史生(いしやま ふみたか)

花の詩vol.37『サクラ』②(バラ科)

 日に日に気温も高くなり、春の訪れを感じる時期となりました。

 

 日本の春に欠かせない花といえば、やはりサクラではないでしょうか。

 

 今年はウメに続き、サクラの開花も例年よりかなり早くなりそうです。

続きを読む

新潟市・働きやすい職場づくり推進フォーラム

 2月4日(火)、新潟市東区プラザにて『働きやすい職場づくり推進フォーラム』が開催されました。

 

 また、このフォーラムにて弊社が「健康経営優秀賞」を受賞いたしました!健康経営に対する弊社の取り組みを評価していただき、大変うれしく思っております。

 

 

続きを読む

花の詩vol.36『ウメ』②(バラ科)

 記録的な暖冬で、雪の降らない日が続く新潟。

 

 早春を告げる花であるウメですが、2月2日に早くも開花の発表がありました。これは、例年より41日、昨年より27日早く、観測史上最も早い開花だそうです。

 

 県内のウメの産地である田上町では、毎年4月に「田上うめまつり」を開催しているそうですが、今年は開催を早めるか、検討がされるようです。

続きを読む